読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もったいないばぁさんが出るー!!

私が、応援したい人や応援していきたいことは

 

ちょっと下向き加減で生きている人が、

顔を上げて、胸を張って、おだやかな笑みを浮かべて、

軽い足取りで歩いていけるようになることを応援したいねんな~。

ほっとかれへんねん。なんでか、ほっとかれへん。

 

自信を失っているのは、思い込みやねん。

自信を失うようなきっかけが過去にあったんやと思うねん。

そのきっかけや原因と思われるようなことは、

ひとつじゃないねん。

日常生活の中での積み重ねで、思い込んでしまってるねん。

 

思い込みということは、その思い込みを取っ払えばええねんよ。

 

まずね、何の取り柄もない人なんて、いてないねん。

つまり、私には何もない。って思ってる人も、

それは、思い込みやねん。

 

あるねん~。

一人一人に、あるねん~。

ええとこあるねんで。

 

ええとこあるのに、自分で、そこを見ないようにスルーしてるねん。

スルーしたらもったいないで。

あぁもったいない!もったいない!!

 

もったいないばあさん (講談社の創作絵本)

もったいないばあさん (講談社の創作絵本)

 

 ※この本を紹介したいわけじゃないけども、
 もったいないばぁさんの画像を入れたかったの。。。

 

家族や友達に褒められてることってあるやん??

それ、スルーして、ポイってしてない??

あかんで、拾い集めてや。

 

何を隠そう

私自身も、自分のええところをスルーしてきたからやねん。

自分のええところを、自分で見ようとせずに、スルーしてきてん。

褒めてもらっても、他人事のように聞いてたり、

ギャグやオチをつけてみたり。してきたんよ。

まぁそんな人は多いと思うけど、あきませんな~。

自分で自分を認めるってこをしないのは、あきません~。

 

照れくさいわね。わかるよ。

ほんま、照れクサイ。

しかし、照れくささで、自分のいいところを認めないなんて、

自分を大切にできてなかったです。

私は、私のことをもったいないことしてきました。

自分に謝りたいです。

謝っても、時間は戻ってこないので、

自分で自分のことを認める。をしています。

 

自分のどういう部分を認めればいいのかわからない方は、

ワークショップやセッションを活用してみてくださいね。

 

もったいないばぁさんが出ますよ。